調剤薬局事務 求人 資格

調剤薬局事務で働くには?求人や資格について

調剤薬局事務とは?

調剤薬局事務とは 薬剤師のサポート業務

保険調剤薬局において、受付や処方箋のデータ管理、
患者さんの薬歴簿の管理、会計業務やレセプトの作成など、
薬剤師のサポート業務全般を行うのが調剤薬局事務です。

病院で診察を受けて薬を処方された場合、
調剤薬局の受付で処方箋を渡す人が調剤薬局事務ですね。
ほとんどの方がお世話になったことがあるかと思います。

調剤薬局の業務内容

医療に携わるお仕事ですから安定した職業であり、
保険調剤薬局は全国のどこにでもあるので、今後もしも働き口に困った場合にも、
勤務先を探しやく、勤務形態も柔軟であるという点から、非常に人気の高い職業といえます。

資格が必要といわれているけど

資格はなくてもOKだけど・・・

調剤薬局事務として働くには、資格が必要だといわれています。
しかし、これらの資格は薬剤師の国家資格と違い、
すべて民間の資格であり、法的に見ても無資格でも働くことは可能です。

ただし、受付業務は別としても、それ以外の業務に関しては、
ある程度の専門知識がなくては仕事になりません。
実際に資格をとるかどうかは別として、
まずはある程度の専門知識を身に付けることが必須だといえます。
もちろん独学で専門知識を身につけることも可能ですが、
具体的にどういった知識が必要なのかすらわからないといった場合がほとんどかと思います。

資格は取得しておいたほうが無難

ほとんどの調剤薬局事務向けの資格取得において、
教材などのテキストや受講講座、そして検定試験までがセットになったものが用意されており、
2ヶ月から4ヶ月と比較的短期間、3万円~5万円程度の費用があれば取得することができます。
調剤薬局事務を目指すなら、こういった資格講座を利用するのが近道だといえます。
在宅での受験が可能なものもありますので、
試験のために時間を割くことが難しい場合でも受験可能です。

調剤薬局事務の資格を取得するなら

また、これらの資格では学歴や年齢、実務経験などといった多くの資格において設けられている、
受験資格(受験可能な条件)というものがありません。
どなたでも受験可能であるという点も、これから資格を取りたいという方にも嬉しい点だといえますね。

教育訓練給付制度

厚生労働大臣に指定された講座では、学費の2割の相当する額(最大で10万円)が
国から支給されるという制度が【教育訓練給付制度】です。
これに対応しているものが、調剤薬局事務の資格講座の中にもあります。
費用を抑えたいという場合には、この制度に対応した講座を選ぶのもひとつの選択肢といえます。

女性がメインの働きやすい職業

調剤薬局事務のお仕事は、基本的には男性でも女性でも従事することができますが、
実際の現場においては、男性が雇用されることは稀だといえます。

雇用形態は、正社員、派遣社員、パート・アルバイトと一通りそろっており、
出産や子育てなど、生活スタイルが変化する機会の多い女性にとっても、働きやすい職業であるといえます。

調剤薬局事務っていくらもらえる?

安定していることがなにより

調剤薬局事務として働いた場合の給料は?といいますと、
正直飛びぬけて高収入であるとはいえません。
薬剤師であればある程度の高収入は期待できますが、
国家資格の薬剤師と資格がなくてもOKな調剤薬局事務である上、
薬剤師をサポートする立場である点などを考えれば、
ある程度の開きがあるのはいたしかたないともいえます。

正社員の場合

調剤薬局事務の正社員の場合の給料は、就業当初で15万円~20万円。
地域によって差が大きく、首都圏などの都市部では高め、地方では低めと、他の職業と同様の傾向です。もちろん年齢や勤続年数によっても違いがあること、昇給も期待できることはいうまでもありません。

派遣社員の場合

派遣社員の場合は、時給での計算となり、平均して1500円~1800円。
他の医療系と比較すると高いとはいえませんが、一般事務などの派遣と同等といえます。

パート・アルバイトの場合

調剤薬局事務の求人で、最も多いのがパート・アルバイト。
時給で750円~1000円前後と、こちらも高いとはいえません。
しかし週3日から、時短勤務、などの条件でもOKな求人が多い点が魅力だといえます。

このようにお給料の面から見ると、決して高待遇とはいえませんが、
医療関係である安定性という点が最大の魅力といえます。
主婦の方が、扶養控除の範囲内で働きたいという場合にも、
長く続けることができる安定したお仕事だといえます。

今後注目の職種

実務経験が重要視される

実際の調剤薬局事務の求人では、
実務経験が重要視される傾向が強いようです。
これまでに調剤薬局事務を実際に行っていた方はもちろんのこと、
パソコンの操作に精通している方や、経理の業務経験がある方
なども優遇されるケースがあります。

資格を有していることが条件となっている場合がほとんどですが、
中には資格がなくても雇用OKというケースもあるようです。

そういった点からも、出産を経て退職してしまった方が、再就職したい場合などのほか、
若いうちから医療関係の職業に従事したいが、
これといった資格をもっていない女性の方などにもおすすめできます。

さらに、今後ますます少子高齢化が進むといわれているわが国では、
医療に関わるお仕事のニーズが高まってくるものと思われますので、
医療関係の職業の中でも、比較的手軽に始めることが可能な 調剤薬局事務のお仕事は、
今後注目の職種であるといえるでしょう。

おすすめ:看護師求人 セインとルル

↑PageTop

COPYRIGHT© 2014 調剤薬局事務で働くには?求人や資格について ALL RIGHTS RESERVED.